山あり谷あり「〇〇」男生活

人生と言う密林をエンジョイ出来るよう人の役に立つ情報を伝え・つなげて行きましょう。

【子供に虫歯がない件】

こんばんは。

きらパパです。

 

我が息子、16歳。

 

これまで、虫歯になったことも歯医者に行ったこともないんです。

 

先日、長男が高校生なるので、歯医者🦷さんへ連れて行きました。

 

私の治療のついでに、長男の虫歯と歯槽膿漏の検査を兼ねて。

 

歯医者=歯を抜く

 

と、イメージする長男。

 

前日から、少し緊張気味。

二言目には、

 

「麻酔するの❓」

 

いやいや、検査だけで麻酔していたらこっちがもたないよ💦

 

歯医者へ行き、受付で検査することを伝える。

 

受付の人に、歯医者自体が初めてと伝えると、

ビックリ‼️した顔。

 

検査をした結果。

 

虫歯

 

ゼロ。

 

歯槽膿漏などの歯茎の病気  

 

ゼロ。

 

これは凄い。と歯医者さんからお褒めの言葉。

 

ちなみに、長女も以前検査した結果。

虫歯ゼロ

 

虫歯ばかりの私からしたら、本当に嬉しい限りです。

 

歯は、一生ものですからね。

 

でも、この「虫歯ゼロ」は偶然ではないんです。

 

我が家の、涙ぐましい努力が身を結びました。

 

【原因】

もともと、虫歯菌は口の中にはいないんです。

では、どこから❓

 

親の口の中には存在する菌が。

その菌が、赤ちゃんの口に入ることにより、虫歯が出来ると、テレビでやってました。

 

小学生の時、学校の虫歯検査で1回も引っかからない人いませんでしたか❓

その人の口には、虫歯菌が存在しないとのことです。

 

【防止策】

どうやって防ぐのか❓

 

簡単です。

 

赤ちゃんにご飯をあげる時、親と同じ箸🥢を使わず、別の箸🥢を使う。

そうすれば、箸に着いた虫歯菌が赤ちゃんの口に入ることは無い。

 

これだけ、これだけでいいんです。

 

【いつまで、気をつけるのか❓】

 

3歳まで、口の中に虫歯菌が入らないようにすれば、免疫が出来て虫歯にはならないそうです。

 

【結果】

この方法を、続けた結果。

 

16歳

 

8歳

子供2人は、虫歯ゼロ。

学校の虫歯検査も、引っかからない。

 

【プラス1】

更に、我が家の工夫した点をご紹介。

寝る前に、歯を磨いたあと《キシリトールガム》を噛ませてました。

子供は、せっかく貰ったガムを30分くらいは噛み続ける。

 

これは、ブラッシングでは取り除けない食べカスをガムにより取り除く。

更に、キシリトールで、歯の再石灰化

 

歯磨き嫌いの子でも、

「歯を磨いたら、ガムあげる」

 

この一言で、イチコロです。(*´∀`)♪

これだけで、いいんです。

 

 

周りに、小さい子供がいたら教えてあげてください。

 

自分自身が、虫歯で苦しんでるので子供には、その苦しみから…。ってのが本心で初めて、

今では、歯🦷健康。

 

虫歯ゼロ。

 

良かったら試してみて下さい。

根気がいる作業ですが💦

 

本日も、最後まで読んで頂き有り難うございます。

 

わたしの子どもは絶対むし歯0

わたしの子どもは絶対むし歯0