山あり谷あり「〇〇」男生活

人生と言う密林をエンジョイ出来るよう人の役に立つ情報を伝え・つなげて行きましょう。

【迫力満点コッコデショ、お祭り嫌いの私が興奮】

こんばんは。
きらぱぱです。

昨夜の、ニュースステーションご覧になりましたか❔

何コーナーかと言うと、22時過ぎに放送した、長崎のお祭り長崎くんち

の中の『コッコデショ』

まずは、映像からどうぞ👇👇👇
www.youtube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「こっこでしょ」の意味は、「ここでしよう」だそうです。

「ホーラーエー」     入退場の時
「と~ば~せ~」     太鼓山が勢いよく前へダッシュするとき
「アー、ヨイヤーサー」  進行するときの掛け声
「まーわーせー」     太鼓山を回転させる
「コッコデショ✖3回」  3回目に太鼓山を上に投げる
「トーナ」        投げた太鼓山を片手で受け止めた直後
「アートニセ」      方向転換するとき

唄うように36人の担ぎ手がこの掛け声をかけながら、太鼓山を動かします。
ーーーーーーーーーーーーーーー
観客もこう掛け声をかけお祭りを盛り上げるそうです。

もってこーい、もってこい」    アンコールの意味で使われます。
コッコデショや傘鉾が演目を終えた後、「もう一度持ってこい」という意味を込めて観客が叫びます。
この掛け声で下がったコッコデショが再びでてきます。観客は大喜びで拍手で迎えます。
その他の出し物には
「しょもーやーれー」・・・「所望するからもう一度やれ」という意味でアンコールの時に使います。
「ふとーまわれ」・・・こちらは傘鉾が回る時の応援です。「太く回れ(大きく回れ)」を長崎弁で言うとこのようになります。
そして傘鉾が見事に回ったら「よいやー」と掛け声をかけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうですか❔
とにかく、迫力が凄くないですか❔

『コッコデショ、コッコデショ、コッコデショーーー❗』
の後、真上に投げて片手で受け止める。

重さは1トン。
更には、上には子供が4人乗っている。

コッコデショの歴史は古く、200年以上前から行われているといいます。

お祭りでも、迫力のあるものはいろいろ見てきました。

三社祭

ねぶた祭り

だんじり

しかし、私は、このコッコデショが一番ですね。

何がって、勿論迫力も半端ではない❢

一番の見どころは、先ほども書きましたが、お神輿を上に投げて
片手で受け止める。
この迫力と、担ぎ手の掛け声。。

このお祭り、他と違うのが7年に1度。
それも、3日間のお祭りなんです。



この3日に全ての力を捧げるそうです。
大人になると、地元をはなれお祭りとは無縁になる人もいるなか
7年に1度のお祭りが今もなお有るなんてすごいですよね。

なので、準備にも長い時間をかけて映像の高さまで上がるよう練習に練習を重ねるそうです。
最初は、5㎝も投げれないそうです。

7年後是非行ってみたい、お祭りの1つです。


長崎くんち』皆さんも7年後行ってみてはどうですか?

www.kunchi-sajiki.com