山あり谷あり「〇〇」男生活

人生と言う密林をエンジョイ出来るよう人の役に立つ情報を伝え・つなげて行きましょう。

【介護を受け入れる勇気と家族の考え】

こんばんは。

きらパパです。

 

私には、100歳を超える祖母がいます。

 

と、いう話は、先日も書きました。

 

今回は、

 

そんな、祖母を介護する我が家の話です。

 

既に、祖母は介護施設に入っています。

 

そんな、祖母も昔はとてもパワフルな人でした。

 

トイレに女郎蜘蛛🕷が出て時、普通は殺虫剤で

プシュー♬

か、

ホウキ🧹で、エイ‼️💀

 

というのが普通だが、祖母はティッシュを1枚とり、蜘蛛をブチ‼️💀

 

魚は、骨までボリボリ🦴食べる。

 

お肉🍖が大好き‼️

 

真冬⛄️になると、極寒の海へ行き「海苔かき」。

のりを取ってきて、海苔を作る。

 

ペヤングの麺🍜は、取り出して鍋で煮る。

ペヤングを作るとき、お湯と一緒にタレも入れる。

 

 

そして、孫には、時に優しく時に鬼の様に怖い人でした。

 

そんな、祖母も五年程前にトイレ🚽で転び、足の骨を折ったことから、全ては始まりました。

 

入院生活をするにあたり、もともと動くのが大好きな祖母が徐々に変わり始めた。

 

私の親が、祖母の洗濯物を取りに行くと、

 

「こんなところに、閉じ込めて。私がいないから、スッキリしてるだろ‼️」

 

と、怒りっぽくなっていった。

 

かと思えば、

 

よく来たねぇ。

 

と、機嫌が良くなる。

 

その後、容態も良くなってきたが、私の父が

家に帰ってきても、無理をして怪我をするのが落ち。

だったら、安全で直ぐに病院に行ける介護施設に入所した方が、本人にとっても幸せなんじゃないか。と言うことから、介護施設への入所を決めた。

 

私としては、親が無理のないようにしてくれるのが希望だった。

 

祖母の面倒をみて、親本人まで体調を崩したら元も子もない。

 

しかし、周りの親戚、兄弟達は、

 

可愛そう。

 

何て、酷いことをするんだ‼️

 

と、言った。

 

じゃ、世話をしてみたらと言うと、

 

長男と長男の嫁が見るのが当たり前だ。

 

と、逃げる。

 

自分の親なのに、いざとなったら逃げる。

冷たい人達だなって。

 

見舞いには来るが、洗濯物の世話など一切しない。

 

100歳を迎えるにあたり、父からある提案が、あった。

 

それは、祖母の100歳の誕生日🎉を家で過ごさせてやりたい。

 

とのこだった。

 

しかし、私は大反対。

 

前々から、祖母は家に帰りたい、帰りたいと言っていた。

父は、そんな祖母の望みを叶えてあげたいと思った。

でも、帰っても、また施設に送らないといけない。

父がそれが出来るのか❓と。

 

結果的に、お祝いは施設でやった。

 

先週の金曜日に、母から連絡があり、祖母が施設で倒れたのと、病院の先生から、そろそろ覚悟をしてほしいと言われた。と。

 

怪我はないが、食欲がない。

食べれていない状況とのことだった。

 

我が家は、受験生がいたため去年は全く行けてない状況だった。

 

日曜日に、久しぶりに祖母に会うと昔のパワフルな祖母の面影はなく、やせ細った姿が見えた。

 

歳のせいか、既に痴呆が入り私を見ると

「どなたさん❓」

孫の私の名前を伝える。

「そっちの、おにぃちゃんは誰❓」

ひ孫ほ名前も忘れてる。

 

次に言われた事が、胸にどかっと重くのっかった。

 

「帰りたいよ。」

「もう、家に帰りたい」

 

私は、言葉に詰まり、祖母を見た。

祖母の目には、が。

それを、ハンカチで拭う。

 

どうしようもなく、切なくなった。

 

父は、こんな祖母を毎回見て、帰してあげないのは悪いことなのか❓

と、葛藤してるに間違いない。

 

私も、出来れば帰してあげたい。

しかし、帰ってきても怪我をして寝たきりになる。

そして、その介護で両親が疲れ果てていく。

そんな姿は、見たくないのです。

 

私に出来ることは、親の介護のお手伝い。

時々、子供達を連れて両親を楽しませてあげるしかない。

 

まだまだ、両親の戦いはあるかも知れない。

そんな、両親を少しでも助けてあげれたらと思った。

 

介護は、優しさだけではできない。

私は、親に言いました。

 

まずは、無理しないで。

そして、周囲からいろいろ文句、噂されても負けるな。

そんなのは、綺麗事だけ、いざとなれば逃げ出す奴ら。

 

今日は、ちょっと重くなりました💦

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

がんばらない介護

がんばらない介護