山あり谷あり「〇〇」男生活

人生と言う密林をエンジョイ出来るよう人の役に立つ情報を伝え・つなげて行きましょう。

為せば成る為さねばならぬ

こんばんは。

きらパパです。

 

うちの中学生になる息子が受験生なんですが、

先日願書を書いてました。

 

そこには、

 

何故、この高校を選んだのか❓

 

自分のアピールポイントは❓

 

今まで、生きて来た中で影響を与えられた出来事、それにより自分はどう変わったか❓

 

などがありました。

 

まぁ、ただでさえ文章能力のない息子。

 

悩む悩む…。

 

悩みすぎて、コタツに潜る。

 

で、悩む。

 

その後、

 

息子「ねぇ、俺の取り柄って何❓」

 

私     「この枠に、収まりきらないよ」

           と、どこかのCM聞いたセリフを。

 

あんたのことでしょ〜が…。

考えなさいよ〜……。

 

そのうち、ふてくされて部屋に戻る。

 

なんでこうなるかなぁ〜。

恐らく、文字に落とすと難しいのはわかる。

正直、学校に受かるならカッコいい文章を書いてあげたいが。

それでは、面接時に聞かれた時に答えられないのは明確‼️

 

昨日のことでした。

リビングに置いてあった履歴書を見てみると、書くべき枠は埋まってました。

 

その中で、一つ気になったのが

 

自分のアピールポイント

 

のところでした。

 

そな中で、私が父親から言われ、私が息子に伝え続けた言葉が書いてありました。

 

その言葉とは、

 

何事も、楽しい方ばかりだけでなく辛いことの方が多い。

そこで、諦めるのは簡単でも、やってやって、ダメでもやって、やってやり通す。

そう私が親から教えられ、息子に伝えたことば。

 

為せば成る為さねばならぬ何事も。

 

このことばでした。

 

全文は、息子の為に全て、ここでは言えませんが、ただ私が何気ない時に言い続けた言葉が伝わっていた。

 

高校に入っても、この言葉を胸に最後までやりきりたい。

 

と言う感じでした。

 

それだけで、嬉しかった。

 

胸が熱くなりました。

 

だから、なんとか合格してほしい。

難しいかもしれない壁を超えてほしいと。

 

合格の際は、抱きしめて泣きたいと思います。

 

息子に、暖かい春を🌸

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。